美代子の一元俳句

アクセスカウンタ

zoom RSS お見事

<<   作成日時 : 2017/03/25 14:32   >>

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 5 / トラックバック 0 / コメント 0

母逝きぬ春の光の礫となり    美代子

 息子が暇を見て、鈴鹿の亡母の家の整理と掃除に行ってくれた。息子が驚いたのは、着道楽だった母の洋服や和服類の量の多さである。「これどうする?」と息子が言うので、「全部捨てようよ」というと、「もの凄い量だよ」という。何本かのタンスの中身は全部母のものでぎっしりと詰まっているようだ。

 しかし、着る本人が亡くなったのだから仕方がない。かまわないから捨ててよと言って電話を切った。後で訊いたら、それらはナイロンの大袋に50個分もあって、処分場まで車で三往復したとのことだった。

 母の着道楽は筋金入りであった。家にお金があろうとなかろうと、自分の欲しいものは手に入れる人だった。幼いころ、税金不払いで税務署がきて,、家財道具の一切に赤い紙を貼って行った。その後も払わなかったため、家財道具を全部持ち去られ、家の中が、がら〜んとしてしまった。

 桐のタンスを持ち去られても私自身は困ることもなく、哀しいこともなかったが、いつも遊んでいた足踏み式のミシンがなくなったのが寂しかった。私はいつもストレス解消のようにミシンを脚で踏んで遊んでいたのだ。ガタコン、ガタコンとリズムを取って、歌いながら踏むのである。笑 (母の妹がやって来てはこのミシンで洋服などを縫ってくれたが、母が使うのはみたことがなかった)。

 そんなある日、家に帰ると、部屋の真ん中に大きな桐の長持が置いてあった。子どもから見れば異様な大きさである。「何だろう」と思い、その蓋を開けると・・・なんと、母の豪華な和服がぎっしりと詰まっていたのだ。母は自分の着物だけは守りたかったので、知人に預けていたのだ。

 私はそれを見て体中がぞっとしたのを覚えている。 まだ小学校低学年だった私は、その時から何故だか母が嫌いになった。大百姓の長女で、権力を?我が物にして、自由気侭に育った母。絵を描くのが好きで、良い先生に恵まれたからか、絵の腕も上がり、それなりの賞もいくつかとった。

 母は、絵を描き始めると家事をしない。怒った父が絵の道具を焼き捨て、母を家の柱にしばりつけた。半日くらいそうしていたのだろうか。後でその柱を見て私はまたぞっとした。そのヒノキの柱には、上から下まで爪で描いた絵がびっしり詰まっていたのだ。

 母の妹は嫁に行くまで我が家の家事や子育てをした。というより、させられたのだ。母は便利に妹をこき使っていた。母の妹は、花嫁学校のようなところを出ていたので、料理も編み物も、和裁洋裁、何でも出来て、真面目で優しい性格の人であった。

 家の事情でそのおばが田舎に帰るときは、私も附いていって、しばらく過ごした。私が自分の母親をまるで恋しがらないので、皆が不思議がった。特に祖母は「「お母ちゃんが恋しくないのか」と言って心配した。私にとって母親は母の妹であった。金魚のフンのようにいつもくっついて歩いていた。

 その後母は、家族よりも自分の幸せを求めて家を出て、自分中心の人生を送り、この一月にそれを全うしたが、誰も涙が出てこない。何があろうとも、自分の幸せが先であった。娘のお産の手伝いなど真平と公言し、実際に殆ど何の助けもしてくれなかった。

 晩年には 「ひ孫の顔なんか見たくない」とまで言い、会おうともしなかった。孫は可愛いが、ひ孫(すでに五人いた)は、嫌いというのだ。長生きすればひ孫が出来るのは当然だが、ひ孫を認めるのは自分の老いを認めることになるのだ。90歳近くなったとき、体中が皺だらけで嫌だと言って嘆いた。

 最後の数年は施設のお世話になったが、部屋は個室でないと嫌と言い、いろいろと条件を付けた。最後まで我がままを通されると、腹が立つというより 「お見事!」と言うしかない。50袋の母の財産を捨てることで、私は母のそんな過去を綺麗に畳んで忘れてしまおうと思った。

 修行のために自分が選んだ人生だったと今は納得しているが、それにしても、放蕩の末に60代で亡くなったわが夫は、何の因果?か、我が母と双子かと思うほど、性格もなにもかも母とそっくりだった。我がままに翻弄された我が人生だったが、それでも孝行息子に恵まれて、マイナスをプラスに転じてくれた。これだけは有りがたいと思っている。子どもの苦労は一番堪えると友達は言っている。

p

月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 5
なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
ナイス

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
お見事 美代子の一元俳句/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる