美代子の一元俳句

アクセスカウンタ

zoom RSS 春の俳句

<<   作成日時 : 2017/03/16 10:03   >>

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 5 / トラックバック 0 / コメント 2

歳月をたたむ直(ひた)なる涅槃雪  美代子

鳥雲に声出してわが螺子を巻く    

メモリーズ・オブ・ユー春の雪青し

古りし紅筆ひそひそと木の芽雨

つつがなし天を切りゆく揚げ雲雀

渡瀬恒彦の強き眼差し鶴帰る




 「平和をつくる6つのルール」 小学生 水野真琴(8) 東京新聞 「発言」から

 私のいけんは平和です。大切なのは、平和な世の中にするやり方です。ぶきをもってするのか、ぶきをほうきしてするのか。私は、ぶきをほうきします。

 ここで、みなさんにこの6つのことをおぼえてほしいです。「あ」いさつをする。「い」のちを守る。「う」そをつかない。「え」がおですごす。「お」もいやりの心。私は小学校でならいました。おぼえてもらえればうれしいです。

 私が初めて平和を知ったのは「かわいそうなぞう」という本でした。せんそうで食べものがなくなり、死んでしまったぞうの話です。

 六つのルールを守ってください。平和につながるかもしれません。よろしくおねがいします。終わり。

↑大人が忘れてしまったことばかりで恥ずかしい。小学生も不安を感じているのだ。私たちは彼らに何を残してやれるのだろうか。返しきれない借金と、大気汚染。あまりにも負の遺産が多すぎて胸が痛くなる。もし、神様がいて、私を小学生に戻してやろうと言っても断りたいくらいだ。多くの大人は自分が死んだあとなどどうでもいいと考えているが、もっと悪い条件の地球にまた自分が転生してくるとは思ってもいないのだろう。



月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 5
なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
かわいい

コメント(2件)

内 容 ニックネーム/日時
上野動物園の、名前を忘れてしまいました。餓死を選んだ飼育員に対し、芸を見せて、えさをおねだりし、かなえられずに、死んでいった像の事実だけで、間違った戦争であったと感じる自分です。多くの市民もそう思うのではないでしょうか。小学生であれば、なおさらですね。
スキップ
2017/03/16 16:47
 スキップさん、そうなんですよ。あの戦争では多くの動物が犠牲になったんですよね。この話を聞いた時、凄く哀しくなったのを覚えています。餓死って辛いと思いますよ。戦争は四、五人の意見で決まってしまうそうですね。昭和天皇は戦争に反対されていたとか。それこそ命がけで反対して頂きたかったですね。終ってからでは遅いんです。乳幼児も含めて、どれだけの人が犠牲になったことか。戦争を経験した人たちが高齢で亡くなり、語り部がいなくなりました。兵器に莫大な税金を使うなんて狂気の沙汰です。昔とは違って、今は世界の目が厳しいですから、簡単に戦争など始められないと思いますが・・・
美代子
2017/03/16 20:45

コメントする help

ニックネーム
本 文
春の俳句 美代子の一元俳句/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる