浮き葉的余生に

アクセスカウンタ

zoom RSS 国家の私物化 

<<   作成日時 : 2017/05/22 20:02   >>

ナイス ブログ気持玉 5 / トラックバック 0 / コメント 4

悼みゐる未だ根付かぬ茄子の苗    美代子

友の忌よほろほろと吸ふ心太     

鋭き声の鳥が来て去る薄暑かな 

彼のひとの足跡尋ぬ石あやめ

集会へ行くも帰るも青味泥





「国家の私物化」 法政大教授 山口二郎 東京新聞「本音のコラム」から

 森友学園疑惑に加え、加計学園による獣医学部開設について、首相官邸が大きな便宜を図っていたのではないかという疑惑が露見した。大学院の新設のため文科省に山のような書類を書かされた経験を持つ者としては、A4判二枚の書類で事足りるというのは信じがたい話である。官房長官は、余りに迅速な事業認定について、特区という制度は岩盤規制に穴をあけるためだと強弁している。その穴は、首相の仲良しのために特別に提供される抜け穴である。

 二つの疑惑に共通するのは、権力者と親しい者の利益を図るために、公権力がゆがめられる縁故主義という腐敗である。日本は、悪代官が私欲をむさぼる封建時代か、さもなくば独裁者がほしいままの支配をする途上国なのか。

 首相が憲法改正にご執心なのもよくわかる。憲法は法の下の平等を規定している。権力者は法に従い公平に仕事をしなければならないのであり、友達といえども特別扱いしてはならない。これは日本に限らず、近代国家の大原則である。為政者に対するこのような縛りが、首相にとっては邪魔で仕方ないのだろう。

 邪悪な権力者は、自分の邪心に対する人々の批判を抑えるために、国民に対して愛国心や公共心を持てと説教するものである。国家を私物化する為政者に憲法改正を語る資格はない。終わり。


↑安倍首相の学園疑惑は、この加計学園の他にもまだありそうで、森友問題は入り口に過ぎないという。籠池氏はこの辺りのことを知っていて、開き直っているのだろう。何故かこの加計疑惑をメディアが報道をしたがらないという。相当の圧力が掛かっているのだろう。国民の財産を私物化してる首相。まさに発展途上国並みの独裁国家になってきた。こんなことでいいのだろうか。




 

月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 5
ナイス ナイス ナイス
なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた

コメント(4件)

内 容 ニックネーム/日時
薩長連合が明治政府を作り官僚の場を作ってから日本は裏の世界を作って来たが、安倍首相はその最たるものではないか。腹を立てると胃腸に悪い。ほどほどに。
北関東のこの那須扇状地は暑いときはクソ暑く寒いときは部屋の雑巾を凍らせる大陸的気候。昨日の暑さは格別で情けない物をさらけ出して扇いだ。御身お大事に。
さすらいの、、、
2017/05/23 10:05
 さすらいさん、お元気のご様子で何よりです。私は夏バテしてます。五月だというのに。。。
 まったくここも那須と同じで、暑い時は焦げるほど暑くて、寒い時は水道のホースがパンクするほどです。北関東と聞いただけで胸が熱くなりますが、宇都宮の冬も寒かったですよ。
 安倍首相は日本は自分のものとばかりに、やりたい放題ですね。どうしてこんな人が日本の総理大臣なんでしょうか。日本人の三割が貧困化しているそうです。格差が更に酷くなってきましたね。日本人よしっかりしろと言いたいです。
 さすらいさん、家の中では裸で過ごすのがいいですよ。誰もみてませんから。笑。
 
美代子
2017/05/23 12:29
 ある時期から、学校の職員会議でも、原案に反対して、主張をする者に対する嫌気が表れ出しました。面倒なことをするなよ、という嫌悪感です。気が付けば、職員会議は上意下達の連絡機関に成り下がっています。これが全国民的に起きているのではないでしょうか。先日の議員会館前での「暇なやつがいるんだんなあ」と聞こえよがしの大きな声で通り過ぎた二人連れも同じことですね。国が考えてやっていることに反対して、座り込みしてやんの。暇なやつらだ」と言おうことなのでしょう。封建時代です。そこで 
名君をただ待つのみの民主主義」おいうことになるんです。
スキップ
2017/05/24 02:58
 スキップさん、それでも、九条の会はあちこちにあって、真剣に戦おうとしている方たちがおられます。尊いことですね。学校の先生も皆、ただの給料取りになってしまい、ある意味では純粋さが感じられなくなってしまいました。どこの学校も似たようなものなんでしょう。 名古屋時代のことですが、近所に工事用の土の山(5〜6M)があり、子どもたちが学校帰りに、そこを登ったり、穴を掘ったりして遊んでました。生き埋めになる可能性があり、小学校に電話したんですが、「放課後のことなど学校は関知しない」との対応で、大変驚きました。朝礼でひと言言うだけで、子どもたちを危険から救えると思ったのですが。。。結局は業者にお願いして入り口に縄を張り、入れないようにしてもらったような記憶があります。
 議員会館前でのデモを「暇なやつら」と言うなんて嘆かわしいですね。そんな人が増えたのでしょうか。若者が元気でない国は滅びます。政府は本当は若者のデモが怖いのです。共謀罪は自分たち政治家を守るためなんでしょうね。政治家も若者も自分のことしか考えない国。それが今の日本なんですね。と私もエラそうなことはいえないのですが。笑。
美代子
2017/05/24 05:12

コメントする help

ニックネーム
本 文
国家の私物化  浮き葉的余生に/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる