浮き葉的余生に

アクセスカウンタ

zoom RSS 合掌。

<<   作成日時 : 2017/06/16 13:18   >>

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 3 / トラックバック 0 / コメント 4

繰り返しショパン聴きをり梅雨深し    美代子


 野際陽子さんが亡くなられた。徹子の部屋で早速追悼番組が放送されてた。その中で、NHKに入社したての頃、泥棒に入られた話を面白おかしく話されていた。夜八時ごろのことで、ご自分はたまたま部屋にいたので、鉢合わせしてしまったのだそうだ。泥棒というよりは、強盗に近いものかも。

 入社したての野際さんは、NHK名古屋に赴任して、名古屋の鶴舞公園の近くにあったボロアパートに住んでたとの前置きがあった。私は思わず起き上がって 「え〜っ?あのアパートのことかな」 と思った。鶴舞公園の西側は広い道路が走っていて、ビルや学校や焼き肉店などがあって、住所も昭和区から中区の表示となり、アパートが建つ環境ではなかった。

 北側は名大病院があって、商店や団地などが並んでいた。南側は大きな鶴舞図書館があり、その東側には小学校があった。だから、鶴舞公園の近くのボロアパートというと、あのアパートしか思いつかないのだ。笑。

 東京から名古屋に引っ越してすぐに。錦の住友銀行のビルにあった貿易会社に就職し、その後結婚するまでの約一年間をそのボロアパートで暮らした。廊下が木の板で出来ていて、人が歩くと足音が聞こえるようなところだった。しかし、トイレも流し場も清潔だった印象がある。結構、沢山の人が棲んでいたのではないか。ボロというより、古い古いアパートだったが、名前も思い出せない遠い昔のことだ。

 まあ、その話は横に置いといて。笑)。野際さんは、いきなり入ってきた若い男に、ナイフを突きつけられてお金を要求されたのだそうだ。震えながらも「幾ら欲しいの」 と尋ねたら、二百円と答えたが、細かいお金がない。仕方なく千円を渡したそうだ。悲惨な状況にあるその男性に同情し 「警察には言わないから、いつかお釣りを返して」と言ったそうだ。爆笑。

 警察には通報しなかったが、野際さんはその男性に自省する時間を与えたのだ。その後、その男性から、後悔とお礼の手紙を受け取ったとのことだった。男性は二百円で人生をふいにするところだったのだ。

 最近、よく痴漢容疑で男性が捕まったりする。勇気ある女性が声をあげて、男性は呆気なく捕まり、刑に服すことになる。間違えられて捕まることもあるようだが、有罪であっても、無罪であっても、男性は仕事を失い、家族関係も壊れたりする。

 痴漢する男も悪いのだが、その男性にも反省する時間が必要だ。いきなり刑務所、いきなり家庭崩壊というのではなく、他の方法はないものかといつも思う。痴漢の味方をするわけではないが、罪と罰のバランスが取れてないのではないかと思うのだ。線路に飛び降りて、命まで失ってしまう人もいる。

 痴漢には私も何度か遭遇したことがある。実に嫌な気分にさせられた。「あの時、ハンドバックで殴り返せばよかった」と今でも悔しく思うが、まだ純情だった私は黙って耐えた。しかし、大騒ぎして警察に突き出して、刑務所送りにして、家庭崩壊したらもっと悔いが残ったかもしれない。人間は間違いを犯すものだ。痴漢行為で、いきなり人生を奪うほどの罰を与えるのはどうかと思うのだ。政治家はもっともっと悪いことをしているではないか。罪を他人に擦り付けても生き延びているではないか。

 不倫が増えてきたが、愛が覚めたり捨てられたりすると、女は豹変し、相手に復習を企てる。いわゆる奥さんを巻き込んで家庭を壊すことに執着するのだ。しかし、女性がかなりあくどいことをしても、警察に捕まって刑務所に入れられることはない。元はと言えば、妻がありながら不倫する男性が悪いのだが、いつしか女性は相手の妻が憎くなり、復習をしたりする。夜な夜な奥さんに生霊を送り続ける人さえいるようだ。

 あれ、何が言いたかったのか分かんなくなったわ。笑。昭和区、中区、千種区、名東区と30数年を名古屋で暮らした。第二の故郷というには都会過ぎるけど、良い思い出が沢山ある。美しかった野際陽子さんに合掌。




月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 3
なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
ナイス

コメント(4件)

内 容 ニックネーム/日時
 東京に出るときは、近くに女性がいるときは、両手を吊革に掛けることにしています。昨日、一緒に行ったSさんに疑われないように「二人で手をつなごうか」と言ったら、気持ち悪がっていました。もしそんなことをしたら、違った疑いを掛けられますね。それも困ったことです。
 確かに、不寛容な時代になりました。人間の懐の深さが失われています。その根底には人と関わりたくないという思いがあると思っています。もっと言えば何とか一人で生きてゆけるという錯覚に陥っている今の日本人があると思います。
 金さえあれば、一人で生きて行けるという錯覚です。人と関わらずに生きてゆくには金が要るわけです。ゆえに、金至上主義と相成ります。孤立と自立の区別がつかなくなっているのではないでしょうか。
スキップ
2017/06/16 21:43
 スキップさん、何だか寂しい世の中になりましたね。男性は混んだ電車の中では手も動かせませんよ。笑。もちろん痴漢男は許せません。しかし、悪を重ねる政治家は逮捕されもせず、官僚たちはプライドをズタズタにされながらも、忖度してしまう。。。
 小学生のとき、クラスの虐めっ子の男子を、放課後のクラス会で、勇気をもって告発した女子がいました。皆、知っていることではありましたが、女子に滅多切りされて縮こまってしまい、それから虐めはなくなりました。担任はその男子をひいきにしていたため、幾ら言っても注意してくれなかったんです。普段は目立たない地味な女子でしたが、勇気のある人でした。そのお母さんも同じように正義の人でした。相手がチンピラであっても怒鳴ってましたよ。笑。寛容という言葉はいいですね。罪の償いというのは、刑務所に入ることだけではなくて、自分の過ちに気付いて、深く反省することでしょうね。そういう人は二度と罪を犯さないと思います。。
 老後のことはキチンと計画して、誰にも迷惑を掛けないようにと思っています。とくに金銭面をしっかりしておかないとと思っていますが、それだけでは年を取れませんよね。こうしてお友達とブログでお話出来るのはとても幸せなことだと思っています。ありがとう。笑。
美代子
2017/06/16 22:56
交流もない1人の女優の死に合掌される心優しさ、なんと尊いものかと感心しきり。
バツ一ならぬ<没一>が流行り出して電話勧誘がしきり。いわゆる独り身を案じて後添いをお世話するシステムらしい。男寡は年金を背負っているのでそれを狙ってのことらしい。生き馬の目をむくどころの候ではない世の変遷、美代子先生、くれぐれもお気をつけてください。美貌と資産が狙われます。
さすらいの、、、
2017/06/17 16:50
 さすらいさん、お元気でしたか。この時期は持病が出易いのでご注意下さい。俳句界には「文弱の徒」がいて、「今日部屋代を払わないと追い出される助けて」なんて書く人が結構いるんです。俳句掲示板の仲間だったので、もう一人の女性と一緒に助けてあげたんですが、しばらくするとまた要求してくるんです。もう、あきれてしまい、俳句会も解散しました。二人の人に引っかかってます。あはは。結構な額でしたよ。。いい勉強になりました。ネットにはそんな人が多いです。ここにも何名か来ましたが、お金が出ないと分かるとそのうちに来なくなります。笑。野際さんは好きな女優さんでしたが、まさか同じアパートに住んでいたとは思いませんでした。(確定ではありませんが)鶴舞公園の近くのボロアパートと言ったらあそこしかないんですもの。笑。都心に近くて安かったので人気があったんでしょうね。ご主人で苦労されたような印象があり親近感を持ってました。笑。没一っていうネーミングが笑えますね。私も基本的には年金暮らしですが、生活は完全自立出来てますので有難いですね。言いたい放題言えるのも自立していればこそです。あとは、いいお友達が少しいてくれればいい。俳句もありますしね。白子にボロ家を残されてしまい、エアコン、お風呂、トイレなど水回りを新しくしただけで、ぎょえ〜と言うほどかかりました。本物の資産家だったらよかったのにと。
美代子
2017/06/17 19:51

コメントする help

ニックネーム
本 文
合掌。 浮き葉的余生に/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる