浮き葉的余生に

アクセスカウンタ

zoom RSS 暴政

<<   作成日時 : 2017/06/13 23:00   >>

ナイス ブログ気持玉 5 / トラックバック 0 / コメント 2

太宰忌の空が涙をこぼしけり   美代子

時の日や眉まろきひと魚売る  

 

 >>> ついにこの国は独裁国家であることを隠さなくなったらしい。本日行われた参院農林水産委員会で、義家弘介文科副大臣からとんでもない発言が飛び出したからだ。

 現在、加計学園問題に絡んで、前川喜平・前文科省事務次官の「文書は本物」とする実名証言につづき、複数の現役文科省職員らによる証言が出てきているが、なんと義家副大臣は証言者への「粛清」を口にしたのだ。

 「一般論として告発内容が法令違反に該当しない場合、非公知の行政運営上のプロセスを上司の許可なく外部に流出されることは、国家公務員法違反になる可能性がある」
 つまり、義家副大臣は「証言者や内部文書を流した者は国家公務員法違反で報復するぞ」と、国会で恫喝したのである。

 前川氏には「現役のときに言え」(安倍首相)と言い、現役の職員が証言すると「実名で顔を出して言え」(松野博一文科相)と言い、「告発はマスコミにではなく私に届けろ」(義家副大臣)と言い、挙げ句は「証言したり文書を流したらどうなるかわかっているのか」と脅す。結局、現在行われている「徹底調査」とやらは、新たな告発者潰しでしかないのだ。

 しかも、義家副大臣は「文科省現職職員が公益通報制度の対象となるためには、告発の内容が具体的にどのような法令違反に該当するのかを明らかにすることがまずは必要」とも述べ、不正行為の告発者を守る「公益通報者保護法」は適用されないと断言した。<<<

 ↑国会でのこの義家副大臣の発言にはびっくりした。教師時代に正義の味方、恵まれない子どもの味方として人気を得、その後政界入りして現在は文科省副大臣だそうだ。が、この恫喝は何なのだ。文科省副大臣が今言う言葉ではない。信じられない問題発言である。国民はこんなインチキ政治家に騙されてはいけない。安倍首相が 「徹底的に調査をする」 と言った意味はこのことだったのだ。この恐ろしい流れを許してはならない。



月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 5
ナイス ナイス ナイス
なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた

コメント(2件)

内 容 ニックネーム/日時
 独裁を独裁と気付けないものが独裁者になるという典型的な事例です。義家副大臣は自分に逆らったことを怒っているのであり、国家公務員法違反を持ち出しただけですね。第一、公益通報者保護という法の精神が理解されていません。権力者の暴走を止めるための法です。 埼玉の高校で、生徒をたたくコーチを同じ部員が撮影投稿しました。これコーチ=権力者の暴走が止まらないので、助けを求める、同時に告発する行為です。きっとこの告発に至る前に、生徒たちは親や教師校長に知らせたはずです。それが無視されたからの行動だったと推察されます。
 この場合、事実を確認し、それなりの処罰、その後の対応を取るのが普通ですね。義家副大臣はこの生徒たちを懲戒処分にしろと言っているのに等しいです。これが真と高校教師、しかも生徒を救った教師として、政界入りしたとなれば、高校教師時代の話も怪しくなります。
スキップ
2017/06/14 11:42
 スキップさん、嘆かわしいですね。義家副大臣は、本心であんなことを言ったのでしょうか。ここにも首相への忖度が働いたのか、あるいは上からの命令で言わされたのか分かりませんが、これで義家氏は完全に国民の信用を失いました。致命的発言でしたね。
 埼玉の高校のビデオを見ましたが、あれは、先生が生徒を叱ると言うのとは違って、怒りで生徒を突き飛ばしているだけで不快な印象しか残りませんでした。昔は部活で試合に負けたりすると、コーチが生徒を並べてびんたをするなんてことがありましたが、生徒は抗議することなど出来ませんでした。今はまだましかなと思います。
 安倍首相はもはや狂気の政治家でしかありません。人事権を握って恐怖政治を行い、独裁を現実のものにしつつあります。良識ある自民党の政治家が、喧嘩してでも首相を諫めるべきだと思いますが、そんな勇気のある人はいません。己の毒は己に返ってくるということを次の選挙で知るでしょう。こんな首相を辞職に追い込めるのは、前川氏他 勇気ある官僚たちだと思います。


美代子
2017/06/14 13:12

コメントする help

ニックネーム
本 文
暴政 浮き葉的余生に/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる