浮き葉的余生に

アクセスカウンタ

zoom RSS 梅雨曇

<<   作成日時 : 2017/06/16 10:06   >>

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 3 / トラックバック 0 / コメント 2

しんとして仄暗き暑よ立ち眩む   美代子

人語鳥語そして家鳴り梅雨曇     




  政治評論家の森田実氏が朝刊で 「政治倫理綱領には、国民に疑惑を持たれた場合、積極的に自らそれを解明しなければならない、と書いてある。今、政権は疑惑を晴らす気持ちがないだけでなく、疑惑に蓋をして、ごまかそうとしている。加計学園の問題から逃げる為、国会を閉会するため無理やり共謀罪法案を通した。国民に対して誠意がなさすぎだ。 「処分」を受けるべきはどちらなのか」 と言っている。

 こんな信用のない政府が共謀罪を成立させた。朝刊に 「民意を代表する議会の権威喪失」 「先進国から逸脱」 「海外の評価喪失」 「国会は死にかけている」などがあった。義家文科副大臣が、国家公務員法違反になる可能性がある と国会で恫喝したが、いかにも今の政府の在り方をよく表している発言だ。この人が文科省の副大臣だなんて! しかも教育勅語を是とした人なのに。

 「通報者の処分をほのめかすのは強権発動であり、脅し。教育にかかわってきた人がこんなブラフを口にするとは何事か」 日弁連消費者問題対策委員会幹事の浅岡弁護士が批判したが、文科省の副大臣がこんな異常人間でいいのだろうか。

 加計問題は、原因と結果が明らかなので、今更文書に拘る必要はないのではないか。総理の意向という文言があろうがなかろうが、結果は同じなのだから。
 

 

月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 3
なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
ナイス

コメント(2件)

内 容 ニックネーム/日時
 確かに、文書がある内が問題ではないですね。結果がゆがみを証明しています。それを裏付ける文書が必要なわけですが、自らの過ちを過ちと認識できない方々が政治を行っているので、文書にこだわらざるを得ないかけですね。文書にこだわさせることが、政治の信頼性がない、自浄能力がない証拠です。品格の問題です。
スキップ
2017/06/16 11:52
 スキップさん、仰る通りです。相手がまともな人間はら、文書に拘る必要なんてないんですよね。ここまで追い込まれる安倍内閣は、実に情けなく、品格も知性も感じさせませんが、当人たちに自覚がないわけですからね。更に情けないです。人は過ちを犯すものです。そして、それを反省することによって意識の進化があるわけですが、60歳過ぎてこの態度では救いようがありません。私はあの文科副大臣の恫喝だけは、許してはならないと思います。文科省ですからね。
 学校で虐めがあったとき、親が学校に頼んでも埒が明かないとき、直接、教育委員会に通報したりしますが、それが明るみになったとき、校長や教師が 「よくも通報したな。内申書で仇をうつからな」と言っているような悪辣さです。実際にこういう教師がいるらしいです。
美代子
2017/06/16 12:23

コメントする help

ニックネーム
本 文
梅雨曇 浮き葉的余生に/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる