浮き葉的余生に

アクセスカウンタ

zoom RSS 健気

<<   作成日時 : 2017/07/04 20:15   >>

ナイス ブログ気持玉 5 / トラックバック 0 / コメント 2

逡巡す雨の山梔子よく匂ふ    美代子


 颱風のせいもあるのか、今日は蒸し暑い。都議選も終わり、静かになったが、「小池氏 次は国政か 自民警戒」との記事があった。小池氏はこの勢いに乗って国政に進出したいだろうが、豊洲やらオリンピックやら問題が山積みでそんな余裕があるのだろうか。見て居るだけで疲れてしまう私。笑。

 海老蔵さん親子が、歌舞伎座で初日を迎えた公演 「七月大歌舞伎」 で、親子宙乗りを披露し、満員の客席から大喝采を浴びたそうだ。母親の死をどこまで理解しているのだろうか。舞台で健気にふるまう四歳の息子さんは大きな拍手と歓声に両手を振ってこたえたとのこと。

 海老蔵さんが先日ブログに載せた写真に、亡くなったはずの麻央さんらしい人が写っていると騒動になっているが、十分にあり得る話だ。肉体は滅んでも、霊体は永久に滅ぶことなく進化し続けるものだからだ。麻央さんは心配で死にきれなかっただろうから、当分は思いがこの世に残るのかもしれない。幼い子どもを残して亡くなることくらい悲しいことはない。

 30代でマンション暮らしをしていた若い頃、隣の奥さんに 「ねえ、今、死ねる?」 と聞いたことがある。お互いに子どもたちがまだ小さくて、自分が居なかったら一日も過ごせないと思ったからだ。

 奥さんは 「今は死ねないわ。自分がいないとどうにもならないもの」という。「そうよねぇ。考えただけで恐ろしいよね」 としみじみとしてしまったのだった。 彼女は 「それを思うと、この世に幽霊はいるって信じるわ。私、絶対に出てくるからね。それに電話もするから、よろしくね」 などと言うので、 「やめてよぉ〜」 などと大笑いしたのだった。あんなことが言えたのもお互いに健康だったからだろう。

 そんな彼女だったが、一昨年の6月に67歳で亡くなってしまった。「直子逝く六十七歳蛍の夜  美代子」 と言う句を創った。子どもさんたちは立派に成長され、幸せな家庭を持ったが、やっぱりもう少し生きたかっただろうなと思う。私を俳句の道に引きずり込んでくれた?恩あるひとである。




月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 5
ナイス ナイス
なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
かわいい

コメント(2件)

内 容 ニックネーム/日時
 死を身近に感じるようになってきましたが、未だ、自分が死ぬとは思っていないようです。鈍感愚かなことですが、そういうものだろうとも思います。
 自動車事故とこりゃ死ぬなと思ったとき、至極、冷静にそれを受け止めた自分でした。結果、誰も死なないだけでなく、大けがもありませんでした。奇跡でした。結構、人は死を覚悟した時冷静なのかもしれません。
 「ドキュメント沖縄戦」という記録ビデオの中に、追い詰められ、最後のタバコを吸う兵士が写っています。それは休憩時間に煙草をふかしている労働者の世に見えました。しかし、彼はそのあと銃口を頭に向け、引き金を足の指で引き、自死したそうです。人はどんなにみじめな死に方をした時でも、実は冷静にそれを受け入れることができるような気もします。予防注射を受け入れるように。
スキップ
2017/07/04 22:49
 スキップさん、皆が経験する「老い」です。これだけは皆平等ですし、逆らっても仕方がありませんね。笑。私は宇宙の真理を学ぶ機会を得て、死の本当の意味を知りつつある?ので、それほど恐れてはいません。笑。死に恐怖を与えたのは宗教だと言います。しかし、実際には大きな安らぎに包まれるようです。創造は愛の塊なので、最期には大きな愛で受け止めてくれるでしょう。心配も恐れも必要ありませんよ。以前にこのブログに来て下さっていた「アトランダム通信さん」は、数年のお付き合いでしたが、ここでもよく死についてお話させて頂きました。平成18年に亡くなりましたが、「あなたが言った通りでしたよ」と告げに?来てくださいました。非常に穏やかでしたよ。笑。肯定的に受け止めることが大切なんだと思いますが、スキップさんはまだ先が長いですから慌てないでくださいネ。笑。まだまだブログを楽しみましょうよ。誰しも明日のことは分かりませんけどね。笑。
美代子
2017/07/04 23:35

コメントする help

ニックネーム
本 文
健気 浮き葉的余生に/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる