浮き葉的余生に

アクセスカウンタ

zoom RSS 煩悩五欲

<<   作成日時 : 2017/08/08 11:17   >>

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 3 / トラックバック 0 / コメント 2

粛々と太る青栗まぶしめり    美代子


 山梨市長逮捕 「職員採用試験 点数水増しを指示」東京新聞から

 山梨県山梨市の職員採用を巡り、特定の受験者の試験結果を不正に改ざんしたとして、警視庁捜査二課は七日、虚偽有印公文書作成・同行使の疑いで市長の望月清賢(70)を逮捕した。 「間違いありません」 と容疑を認めている。

 望月容疑者が採用担当の市職員に、試験結果の点数を水増しするよう指示していたことも捜査関係者への取材で判明した。捜査二課は同日、望月容疑者宅を家宅捜査。八日にも山梨市役所を家宅捜査し、押収した資料を分析して経緯を調べるとともに、受験者との関係も捜査を進める。

 逮捕容疑は、昨年に実施した市職員の採用試験で、特定の受験者を合格させるため、点数を水増しして虚偽の書類を作成するなどしたとされる。捜査関係者によると、この受験者は合格ラインに達していなかったが、試験に合格した。後略。

↑望月容疑者は山梨県議を経て、14年二月に市長に初当選。今年二月に離婚した元妻は、架空の投資話を持ち掛け、約3億7千万円をだまし取ったとして警視庁が逮捕、東京地検が七月に詐欺罪で起訴している。

 政治家になって一儲けしてやろうという人は案外多いのかもしれない。国民のために命を投げ出して働こうなどという人がどれだけいるのか。みんな、自分のために政治家になるのだ。

 とは言うものの、王毅氏と河野太郎氏のフィリッピンでの会談を見て、ああ、日本にもきちんとものが言える政治家がいたんだなと感動した。王毅氏が一枚も二枚も上だったと言う人もいるが、とんでもない。若い河野太郎氏のほうが余程まともである。

 いきなり父の洋平氏と比べて 「貴方には失望した」 などと言う王毅氏はその一言で負けである。太郎氏をただの御曹司と甘く見ていたのだ。そして、自ら底を見せてしまったのだ。太郎氏は日本の首相になれる器だと思うし、なってほしい。過激なところもあるが、正しいことを言うときはそれでいいのではないか。

 役所が書いた文章を読み上げるだけと宣言したあの大臣と比べると、自分の考えでまともなことが言える太郎氏は大したものだ。繊細にして大胆。本当の知性を感じさせてくれる人だ。安倍首相にはこの繊細さも大胆さもない。そして、政治家に一番大切な潔さもない。周りを巻き込んで嘘に嘘を重ねるごり押し政治するなど最低である。いずれは安倍政治の暴走をストップさせてくれるかもしれない。と期待している。

 >先月5日に就任した佐川国税庁長官が、就任会見を行わない異例の決断をしました。<

 ↑ここまでやるかとあきれた。少しは恥を知れといいたい。



月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 3
なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
ナイス

コメント(2件)

内 容 ニックネーム/日時
 その通りですね。「失望した」はよく、トランプ大統領が使います。しっかりした反論をしない代わりの言葉です。と言う意味ではこれは反論ではなく、脅しです。脅す外交が三流であることは言うまでもありません。
スキップ
2017/08/09 11:33
 スキップさん、中国はまだまだ分からないところのある国ですね。太郎氏の父上の洋平氏は、とても立派な人でしたが、温厚で穏やか と言うだけでは問題は片付かないし、相手国によっては舐められるだけですよね。してもいい喧嘩はするべきだと思いますが、気が付いたら自分だけが孤立していたなんてこともありえますので、そこは適当に敵を作らず、国民の見つめていてほしいです。」
美代子
2017/08/09 14:04

コメントする help

ニックネーム
本 文
煩悩五欲 浮き葉的余生に/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる