浮き葉的余生に

アクセスカウンタ

zoom RSS お盆期間

<<   作成日時 : 2017/08/11 22:19   >>

面白い ブログ気持玉 6 / トラックバック 0 / コメント 4

湯気多(さわ)に厨ふくらむ今日の秋   美代子

新盆三人誰にともなく手を合はす    


 荷物を少しでも減らそうと、古い雑誌だの俳句関係の印刷物だの、子供の昔の文集だの写真だの何だのと部屋に出して並べて、これは捨てる、これは残すとやっていたら、量が多すぎて、途中で嫌になって寝てしまった。笑。今日はゴミの日だったので、大きな袋二つ分をゴミに出して少しすっきりした。

 しかし、部屋の中は足の踏み場もないほどグチャグチャ。今日はそれを片付けるつもりだったが、体調が今一つだったのと、次男一家が来たので、部屋の中はそのままだ。次男は理系で、pcのプロとも言えるくらい詳しいので、不調のpcを調整して貰おうと二階の部屋にあがってもらったが、あまりに部屋の中が汚いので、キョロキョロしていた。。。 ような気がする。笑。ついにボケたかと思われたかもしれない。

 で、今も部屋の中はグチャグチャなのだが、片づけは明日にしようと思う。笑。後藤先生からの添削やお手紙、葉書などが、約二十数年分あるが、これだけは捨てられないと思った。そして、有難くて泣けた。一つの箱にまとめて入れて、それから両手を合わせて拝んだ。(〜〜)v。 先生も拝まれてもお困りになるだろうけど、つい、感謝の思いが噴出して、柏手を二度打って頭を下げた。それよりもっと俳句の腕をあげなさいってことですよね。しゅん。

 十月で五歳になる年中組の男の孫が、もう足し算をするのにはびっくりした。六たす六は幾つ?と聞くと、「ずうに」という。五足す五は?と聞くと、「ずう」 という。何で 「ずう」 なんだろうと思うが、面白いのでそのままにした。笑

 年に二、三回来てくれる姉弟二人の孫の成長が楽しみである。半年ばかりでびっくりするほど成長している。私がその分年を取っているのだと思う。笑。今日は厚木のホテルに泊まるというので、早めに送り出し家に入ろう
としたら、裏の若いご夫婦が出かけるところだった。「こんにちは」「こんにちは」と久しぶりのご挨拶。

 「あ、あの、お宅の家の裏に大きなハチの巣が出来ているのをご存じですか」 という。「え〜っ、裏にはたまに行くけど、ハチの巣は知らなかったわ」 と見に行ってみると、見事なハチの巣である。芸術的とも思えるくらい素敵な形ではあった。大笑。

 「うちも最近ハチの巣を取ったばっかりなんですよ。よかったら、うちで処分しましょうか」 と言ってくれた。 「お願い、お願い。わぁよかった。嬉しいなあ」 と言って蜂に刺されないうちに早めに家に入った。笑。

 今の私は蜂に刺されたらショック死しかねない。笑。次男がお土産に持ってきてくれたきしめんがあるので、後でお礼に持って行こうと思う。今はグルテンフリー実行中で、大好きなきしめんも食べられないので丁度良かった。笑。 しかし、名古屋の味噌煮込みうどんは大好物なので、何とか一本ずつでも食べようと?こちらは残してある。未練たっぷりなのだ。



月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 6
面白い 面白い
なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
ナイス
かわいい

コメント(4件)

内 容 ニックネーム/日時
お盆になりましたね。
スーパーで、お墓参りの花を買う人混みが出来ていました。
家の中を片付けるとすっきりとしていいですね。
でも、性格なのか思い出のものって使わなくなっても寂しくって捨てられなかったりします。
人間がいるところはある程度は散らかっているものですね。
ぷくん
2017/08/12 12:43
 ぷくんさん、こんにちは。今日は涼しい朝だったので体がほっとしています。暑い日が三日続くともう体が悲鳴をあげます。暑さにというより、エアコンにですが・・・一日中エアコンの部屋にいると体が変になります。
 物を捨てるのは勇気がいります。どんな物にでも思い出がありますからね。でも、なるべく捨てるようにしています。実家のガラクタ整理に追われて大変だったので、なるべく今のうちに身軽にしておこうと思います。笑。子供の文集なども一冊だけ置いて捨てました。つい、読み返したりするので、時間だけが経ってしまいます。「今日も家の血洗いをしました」なんてのもあって、ぎょっとします。漢字の皿と間違えてるんです。どんな家かと思われますよね。笑い。
 まだ残暑が厳しいですからご注意くださいね。
美代子
2017/08/12 13:47
 我が家にも、様々なものが使われずにありますよ。捨てるのが惜しいのではなくて、捨てる作業が面倒くさいわけです。それでもたまに少し処分すると、気持ちが明るくなるから面白いです。
 今捨てたいのは、倉庫に使っている工場そのまま全部を捨てたいのですが、それには費用はもちろん膨大な労力が必要になります。とてもやる気にさせてくれません。庭の草刈り、雑木の処理、不要な本の売却、父の洋服、姉のピアノ、私の穴が開いた靴下、やたらに多い蒲団、食器切がありません。それらを見てみないふりしている自分が好きになれずに、落ち込むんです。
スキップ
2017/08/13 13:19
 スキップさん、今は昔と違って、捨てるのにお金がかかりますよね。産業廃棄物はとくい高いようです。私は一度、やたらにあった布団を全部捨てました。笑うほどありましたが、実にすっきりしましたよ。その後は必要なものだけ買うことにしています。本は古本屋さんに頼んで持って行って貰うのが一番ですが、びっくりするほど安いです。笑。ピアノも安いそうですね。私のエレクトーンも、40年ほど前に36万円ほどで買いましたが、売るとなると一万円くらいだそうです。笑。実家にはお琴や三味線がありますが、ゴミにするかどうか考え中です。笑。母は断捨離を一切してないので、後の整理が大変です。息子たちが入れ替わりで捨てに行ってますが、酷い腰痛になって寝込んだりしてます。笑。庭の草刈りや雑木の処理は、役所から苦情が来るため、毎年行っていますが、これも高いです。まともにやると年間15万円かかります。家の税金だの、電気ガス水道などの基本料金だのと、厄介な荷物になっております。笑。
 スキップさんも、暇をみては一つずつ捨てるといいですよ。一年でだいぶすっきりしますから。
 
美代子
2017/08/13 15:15

コメントする help

ニックネーム
本 文
お盆期間 浮き葉的余生に/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる