「どっちもどっちもどっち?」

菓子の名はポエム・ド・メリー朧なり     美代子


 真子様の婚約者?小室圭さんの膨大な文書が発表され波紋を広げている。全部は読み切れなかったが、読んでいくうちに何だか嫌な気分に襲われてしまったので途中で読むのをやめてしまった。

 圭さん親子が金銭的に困っていたときに、お母さんの婚約者が生活支援をしてくれたのだが、その後、婚約破棄をしたので、結局は赤の他人に戻ってしまった。その方が支援した金額計400万円を返済してほしいと言ってきたのが発端? で日本中が大騒ぎ。皇室にとっては前代未聞の大事件だろう。

 真子様が圭さんとの結婚をあきらめられればこんな大事件にはならなかったのだろうが、真子様の決心があまりにも固いため、周囲も根負け?してしまい、何とか国民が納得出来るような説明をと迫ったことから今回の文書公開となったのだろう。

 しかし、この文書を読んで納得できる人はどれくらいいるのだろうか。お金を返さないのは「返したら、借金だったことを認めることになるから」という。借金と認めれば、自分は借金を踏み倒そうとした人間というレッテルを貼られてしまう。将来の自分の家族までもが「借金を踏み倒そうとした人間の子供」と見られてしまうことを懸念したというのだ。

 しかし、この文書は矛盾に満ちている。借金であろうとなかろうと、赤の他人が出してくれた大金を踏み倒そうとしていることに変わりはないのだ。相手が返してほしいと言えば、返すべきではないだろうか。「借金とは考えていないが、大金を出して頂いたことに感謝して、これから僅かずつでも返済していこうと思います」と結んであればまだ誠意が感じられるが、結局は返済しない理由を長々と述べただけなのだ。

 しかし、元婚約者と言う方にもチョット問題がある。愛が覚めたから返せでは男が廃るではないか。( ´艸`) 圭氏の文書の中に「弁護士と相談して、弁護士のアドバイスもあって借金を認めないことにした」とあるが、この際、弁護士は無関係なのだ。弁護士とは法律に従う職業であり、法廷闘争になったときに依頼する相手であって、心で動くという立場ではないのだ。要するに圭氏の文章には心がないのである。この人を夫にしたら幸せになれるのだろうかと疑ってしまう内容に思えた。

 しかし、一番の大問題は、この人を深く愛してしまったらしい真子様の存在なのだ。彼女が問題を大きくしているのであり、一般の人には圭氏親子の過去などどうでもいいことなのである。「あの母親の子である圭氏と結婚したら不幸になるのではないか」とか「結婚一時金が欲しいに違いない」とか噂が渦を巻いているが、結局はあの人を結婚相手に選んだ真子様の問題なのである。人間を見る目があったのかなかったのかは先にならないと分からないが、何が幸せかと問われたら明確に応えられる人などいないのだ。彼女にとっては今、自分の意志を通すことが幸せなのだ。一方国民は、自分たちの税金が使われることに納得がいかないから、あれこれ言いたくなる。

 波風の立たない幸せな結婚はそれはそれでいいのだが、苦労は人間を育ててくれるものなので、いっぱい苦労するのもいいのでは? 名家の子弟で資産家で、誰もが納得するような相手であっても、幸せになれるかどうかは分からない。世の中には、いろんな不幸があるものなのだから。それにしても、貯金も収入らしいものもなく、ましてや過去には他人さまから経済支援まで受けていた人が、皇室の令嬢に結婚を申し込むなんて尋常でない常識の持ち主であることは明らかだ。それでも真子様が頑として結婚にこだわる以上どうにもならないではないか。真子様も結局は、何の苦労も知らない「超お嬢様」なのである。



ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 15

なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた 驚いた 驚いた 驚いた
面白い 面白い 面白い 面白い 面白い 面白い
ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!)

この記事へのコメント

henokaapa
2021年04月11日 09:03
 アハみんなが騒いでいるのは税金の事なんかじゃないと私は思いますね、天皇家のお嬢様なら何も小室氏でなくとも、例えばまかり間違って半グレのリーダーと結婚したって1.5億円は出されるハズ、だって制度ですから。同じ1.5億円の税金と言えば、あのアベ氏が政敵に抱いた私怨を晴らすため、あのバカ女に税金を使ったのも同じ金額、なのに国民は何の文句も言わない、日本人は論理的ではなく感情的に物事を考えるから、おかしいことになるだけ、だと私は思いますね。そんなに大騒ぎするなら制度を変えろ、と言いたい、アハハ。
美代子
2021年04月11日 09:44
 へのさん、このところちょっと寒いですね。早々と布団をしまい込んでしまった人は後悔しているでしょうね。って、それは私のことなんですけどね。
( ´艸`)
 全くこのところ、寒い事件が多くって、頭が混乱しますよね。1.5億円を私怨を晴らすためにポンと出したかと思えば、一方には三食にも困る国民がいる。A元首相の異常さ冷酷さを今更ながら思いますが、このまま何事もなく議員を続けるのでしょうか。死亡者まで出して何の反省も見られないあのご夫婦を見ると、このままにしてはならないと強く思います。
 皇室があるのに何が民主主義国家かと疑っていますが、男女平等と言いながらも、結局は男子しか皇位を継げないわけで、日本は矛盾だらけですよね。皇室制度がある限り、日本人の意識は奴隷感覚から抜け出せないと思います。つまり「平等を意識しない、欲しがらない国民性」ではないかと。。。昔、その日の暮らしにも困り、餓死寸前になってから漸く立ち上がった農民一揆のように、追い詰められなければ動かない国民性なのかもしれませんね。
2021年04月11日 15:03
皇室とか借金とか、婚約とか…2人にとっては人生の中で大切な場面のはず、周りがくだらないことで騒ぐと、夢も何もあったものじゃないですね。
美代子
2021年04月11日 17:34
 ぷくんさん、当地は今日は、暑いくらいの一日でした。こんなふうにしてまたあの暑い夏になるのかと思うとぞっとします。( ´艸`)その前に梅雨がありますが・・・結婚は当人同士が努力して作り上げていくものですから、どうなるか黙って見守るしかないですね。親がどういう人生を歩いたかまで騒ぎ立てたら何もかもグチャグチャになりますからね。皇族とて普通の人間ですから、いろいろありますよね。幸も不幸も結局は心において同一ですからね。苦労は人間を育ててくれるけど、幸せから学ぶものはあまりないと私自身はそう思っています。
さすらいの、、、
2021年04月12日 10:21
美代子先生の末尾の一節に感動いたしました。

 幸も不幸も結局は心において同一ですからね。苦労は人間を育ててくれるけど
 幸せから学ぶものはあまりない。

「無」に変わっていろいろ心の葛藤がおありのことと拝察されます。
なんとか息をついています。ご放念ください。いや、遠隔祈祷は今までどうり。
美代子
2021年04月12日 14:28
 さすらいさん、お元気でしたか。昨日、どうしていらっしゃるかなと心配したのが届いたのでしょうか。
 相変わらず、言いたい放題のことを書いてますので、そのうちにまた誰かに叱られるかもしれませんが、つい、私はこう思う と余計なことを書きたくなるんです。悪い癖ですよね。お二人が本当に幸せになれるのでしたらそれでいいと私は思っています。結婚って本当に終わるまで分からないものですからね。
 今日は何かと忙しい日でした。冬の間に溜まった雑用があって。。。この時期は毎年、めまいが出たりと体調も今いちなんですが、それでも、夏野菜などを四、五本植えました。ハイジさんに教えて頂いたゴーヤを今年は毎日食べられるようにと早速植えたところです。って、明日は天気が大荒れだそうで、どうなりますやら。( ´艸`)
 さすらいさんもどうかこの時期はお体をお大切になさってくださいね。