「公邸の幽霊」

 「公邸の幽霊」三木義一 東京新聞、「本音のコラム」から  「ご隠居、菅首相は公邸に住んでいないんですかい?」 「菅さんだけじゃない、第二次安倍政権もそうだった。だから、野田元首相が、一分一秒を争う問題が起きたとき首相としてそれでよいのか、と国会で問い詰めたんじゃ」  「なんかよくわかんねえ返事でしたぜ」  「毎年、一億六千万円…
コメント:2

続きを読むread more

ぎゃあ~

隠れ沼(ぬ)をゆらり行き交ふ寒の鯉    美代子 「鯉を取つてはいけません」の札寒の沼 降臨のやうな冬日よ神の池  いつまでも寒い。と言っても二月半ばだからこんなものかもしれないが、西日本は大雪だそうだ。昔、スキーで木島平に行ったとき、宿までの道の両脇に雪が高く積まれていて、崩れてきたらどうしようと恐る恐る通ったのを思い出…
コメント:4

続きを読むread more

「首相長男と会食 4人処分へ」

日活ロマンポルノ復活寒椿     美代子 落つべきとき知りたる椿美しき  武田良太総務相は16日の衆院本会議で、放送事業会社「東北新社」に努める菅義偉首相の長男らと会食した総務省幹部四人を処分する考えを示した、四人以外にも、東北新車と関連のある幹部について、長男らとの会食の有無を調査する考えを示した。東京新聞から。  ↑え?これで…
コメント:0

続きを読むread more

「政官業の昭和的な癒着」

令和三年冷たい雨が降る春だ    美代子   東京新聞「本音のコラム」から   前川喜平  「政」は菅首相の子息である菅正剛元総務大臣政務秘書官。「官」は総務省の総務審議官、情報流通行政局長、同局担当官房審議官。「業」は衛星放送事業を行う東北新社と子会社の社長たち。  日本橋や六本木の料理屋での接待は、昭和を思い出させる絵に描…
コメント:4

続きを読むread more

「不可解」

ラフマニノフの旋律に酔ふ寒茜     美代子  森会長が辞任し、次の会長は川淵氏が就任予定だとか。この川淵氏を後任に選んだのは森氏自身とのこと。川淵氏が会長にふさわしいのかどうかは別として、何故、森氏は独断で決めてしまうのか。しかも、川淵氏は森氏に相談役として残ってもらうつもりだとか。私には訳が分からない。これでは事実上の会長は森…
コメント:6

続きを読むread more

「中国 疑惑幕引き図る」

結氷の碧き静寂に漂ひぬ    美代子   WHO 武漢での調査終え会見  新型コロナウイルスの起源解明のため中国湖北省武漢市で現地調査していた世界保健機関(WHO)の国際調査団は9日、市内で中国側の専門家と共同会見を開き、最初に多数の感染者が見つかった卸売市場を「感染の起源ではない」と結論付けた。調査団は、米国のトランプ前政権が主張…
コメント:4

続きを読むread more

「あはは」

戦争を知つてる背中大根引く   美代子 「ふつうに」 飛鳥圭介  東京新聞、日曜版「おじさん図鑑」から  聞くたびにいらだたしい思いをする言葉がある。「ふつうにおいしい」という言葉だ。例えば、ガイドブックに載っている食べ物屋に行ったという女性に感想を求めたところ、「ふつうにおいしかったですよ」という返事だった。おじさんは…
コメント:0

続きを読むread more

自公政権へ広がる「ノー」

春浅し点眼をしてひとりなり     美代子 電車待つシャドウボクシングの青きひと 春来る生活の音路地に満ち   北九州市議選6候補苦杯、山形知事選大敗  有権者が菅政権に見切りと付けたかのような動きが起きている。北九州市議選で自民候補22人中6人が落選し、山形知事選では自民推薦の候補が大敗した。その背景には、新型コロナウ…
コメント:2

続きを読むread more

「撤回許されず」

母ありてこその「男」ぞ凍み豆腐    美代子 春よ、来い一切合切振り切つて  底流に「上から目線」  どうしてこの人が東京五輪・パラリンピック組織委員会の会長なのだろう。森氏はもともと失言の多い人だから、こうなるのは分かっていたはずなのに。。。人は誰でも「その人らしく生きて、その人らしく歳をとる」のだとつくづく思った。…
コメント:0

続きを読むread more

「桜、告発弁護士ら検審に申し立て」

春立ちぬ高円寺「小杉湯」文化財     美代子  A元首相の後援会が「桜を見る会」前日に主催した夕食会の費用補填問題を告発した弁護士らが二日、東京都内で集会を開き、米倉洋子弁護士は「問題の本質は違法な寄付で、刑事責任を問わないのは不当だ」と訴えた。集会に先立ち、安倍氏らの不起訴処分を不服として「起訴相当」の議決を求めて検察審査会に…
コメント:2

続きを読むread more

「紅椿」

ほ とひらく紅椿かな寡婦長し    美代子  町内会の組長の仕事もほぼ終わりに近づいた。最近は退会者も多いのか、印刷物が挟んであって、退会の場合はその旨書いてお出しくださいとある。私は迷わずに退会と書いて地区長に届を出すことにした。先日、回覧用の印刷物がポストに届いていた。その中に食品や日用品のチラシがどさっと入っていて、「売…
コメント:2

続きを読むread more

「果物・野菜 奮闘の力に」

涙目の犬と見てゐる寒夕焼    美代子  新型コロナウイルスの感染拡大の中で奮闘している医療従事者を応援するため、茨城県北を中心に11市町村を管轄するJA常陸青年部が26日、水戸協同病院(水戸市)を訪れ、イチゴや干しいもなどの豊作物を寄贈した。  また静岡県富士宮市では、新成人らが20日、現金約32万円を市に寄付した。このお…
コメント:2

続きを読むread more

「国民の苦悩なぜ届かぬ」

おのづから枯れ行く大地夕日濃し    美代子 儚げな三味線の音寒の内  緊急事態宣言下にある東京・銀座のクラブを、自民、公明両党の衆院議員が深夜に訪れていた。国民に我慢を強いる中、不適切極まりない。菅政権の緊張感の欠如を反映しているなら、より深刻だ。東京新聞から。  東京新聞の社説にもあったが、これはおそらく氷山の一角であり、…
コメント:4

続きを読むread more

人間

水仙に背なか預けて一日病む     美代子  少し睡眠不足だったからか、昨晩は夕食後眠くなり、そのまま寝てしまった。起きたらまだ午前二時前だっが、もう一度寝るという雰囲気?ではなかったため仕方なく起きてpcの前に座った。消し忘れたテレビが偶然に「フランスの女子高生」が俳句を読むという番組をやっていた、その中に    鉄の貴婦人空…
コメント:2

続きを読むread more

「戦後生まれ」だからって・・・

コロナ禍や冷たいだけの雪が降る   美代子  今の日本、「しっちゃかめっちゃか状態」だ。コロナ禍では、より女性が追い込まれているようで、女性の自死が増えているという。シングル・マザーの多くは生活に困窮し、いくつものパートをやっていても、自粛や首切りで収入は減るばかり。この寒さの中、どんな思いで日々を過ごしているのだろうか。三食を一食に…
コメント:2

続きを読むread more

寒い地球

静寂は黄泉を思はす寒鮒釣り    美代子  みぞれが降るような寒い中、多摩川支流の枯れ草の中に座り込んで、鮒釣りをしている人を見かけることがある。特に厚着をしているようにも見えないのに、じっと動きもせずにひたすら魚がかかるのを待っている。ひょっとして凍死しているんじゃないか?と心配になるほどだ。家に帰って炬燵にはいり、ミカンでも食べて…
コメント:2

続きを読むread more

希望持てない政治

伊勢湾をぬらす初雪卍に舞ひ     美代子  記事を書いて明日アップしようと保留にしておくと、消されてることが多い。政府に都合の悪いことはpcプレビューにしておくと消されるようだ。昨日は生活に困窮している女性たちのことを書いたのだが、内容はかなり悲惨なものだった。政府は再度の生活給付金のことは考えていないと切り捨てたが、三食をまともに…
コメント:2

続きを読むread more

「名うてのブロッカー?」

凛と立ち寒の風読む少女かな   美代子  「異論封じの幼稚な面もつK大臣」  朝刊を読んで興ざめしてしまった。次の首相の候補トップに名前の挙がるK大臣は、ツイッター上では名うてのブロッカーとしても有名だそうだ。「徹底した異論封じで、直接言及しなくてもブロックされてしまうため、ツイッターを見ることもコメントすることも出来なくなる」…
コメント:0

続きを読むread more

「検査拒否が増える?」

  「自滅の刃」 鎌田慧 ルポライター  重傷者972人(17日現在)、新型コロナ重症者数は14日連続で最多を更新している。「医療崩壊」「医療破綻」の悲鳴が聞こえる。  18日の東京新聞の一面トップ記事は、千葉県の感染者で治療が必要なコロナ患者のうち、入院できた人は12.5%にとどまると報じている。「コロナも救急もたらいまわしが始ま…
コメント:0

続きを読むread more

「21年産もコメ余り」

シンシアのワルツ寒の底なる母の忌よ   美代子   38都府県が減産計画  2021年産の主食用米の生産量目安について、38道府県が20年産の当初計画より減らすことが15日、農林水産省などの調査で分かった。単純合算しだ42道府県の生産量は計約692万~693万トン。目安を設定しない地域やみくひょう分を加味すると、農水省が公表した需要…
コメント:2

続きを読むread more